2013年10月21日

草場純先生のトリックテイキングゲーム解説 その2


キャンセレーションブラックレディ

 これは多人数でできるトリックテイキングゲームです。多人数と言えば、ルーなども多人数でできますが、出降りがあって実際にプレーするのはそれほどの人数ではありません。しかしキャンセレーションブラックレディは、むしろ小人数では面白くない。7人〜11人でこそ面白く遊べるゲームなのです。
 また、オークションピッチやナップなどもかなり多くの人数でできますが、人数が増えると緊張感が拡散しがちですね。しかしキャンセレーションブラックレディは、多人数であるのにもかかわらず1プレー1プレーにスリルがあり、緊張感が緩みません。
 ただし、このゲームはある種「上級」ゲームであって、ブラックレディの基本戦略をちゃんと把握していないと、本当の面白さは味わえない、いわば素養の必要なゲームです。つまりブラックレディの定石がバタバタと裏切られるところに、無類の面白さがあります。
 ただし、キャンセレーションブラックレディは、トリックテイキングゲームとしては、邪道な面があります。トリックテイキングゲームの王道は、マストフォローであり、フォローしないと勝てない(切り札は別ですが)という大原則にあります。すなわちまっとうなトリックテイキングゲームでは、「捨て札は勝ってはいけない」のです。しかし、キャンセレーションブラックレディでは、たまに捨て札が勝ってしまうのです。この意外性がたまりません。


詳しいルールは、ゲームファーム様のサイトをご覧ください。
http://www.gamefarm.jp/modules/gamerule/page.php?game=cansellation.html


とりくまさんの一言
「トランプを3組使う時は、3枚目はキャンセルできないってルールで遊ぶのも楽しいくまよ!」
posted by 髭熊五郎 at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 草場先生のゲーム解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。